日本植物油協会
   新会長にJオイルの八馬史尚社長
  業界全体の付加価値向上に努力
 コストの製品への適正な反映が課題
   
   日本植物油協会(東京都中央区)は22日、東京・大手町の経団連会館で「平成30年度 常総会」を開催し、任期満了に伴う役員改選でJーオイルミルズの八馬史尚社長を新会長に選任した。あわせて日清オイリオグループの久野貴久社長を新副会長に選任、昭和産業の新妻一彦社長を副会長に再任した。
 このほか、総会では「平成29年度事業報告書承認の件」、「平成29年度決算報告書承認の件」などを可決承認した。
 総会終了後には、懇親会が開かれ、八馬史尚新会長が1962年に日本油脂協会として設立された同協会の歴史を振り返った上で、「油脂の健康価値の認知が広がり、用途も拡大。外食や加工においても揚げ物メニューが拡大しており、これらは健康にとってのネガティブイメージが低減したことに起因する流れと理解している。植物油業界においては、油種によってさまざまな事業環境ではあるが、菜種、大豆等については全般的に厳しい状態が継続しており、為替と国際市場の上昇といった変化を受け止めるだけの余力が十分にない状況と考えられる。業務用においては、ユーザーや中間流 のお客様において人手不足、物流費の問題が顕在化し、コスト圧迫要因となっている。家庭用においても 販店、CVSに加えてドラッグストア、さらにECといった業態間の競争も厳しさを増しており、上値が重い展開となった一因と認識している。直近の状況は、昨年度と比較して良化する動きも見られるが、為替動向、大豆が米中貿易交渉の渦中にあることなどによって、さらに原油価格の上昇、人手不足に伴う人件費高騰、物流費上昇といった構造課題に伴う諸経費の上昇など、潜在的、顕在化している採算圧迫要因は数多く、難しい状況が継続することを想定した備えが必要である」との現状認識を示した。
 引き続き、八馬会長は「消費者の皆さまに、安全で安心な商品を安定的にお届けする責務を たすためにも、各社の強みを活かした付加価値の開発・提供とあわせて、相場変動のみならず、構造変化に伴うコストの製品価格への適正な反映という課題がこれまで以上に製油業界に課せられているところだ。昨年来、政府は『未来投資戦略』に基づき、生産性を劇的に押し上げるイノベーションを実現し、世界に胎動する『生産性革命』の実現に全力をあげて取り組んでいるとうかがっている。製油産業は、わが国フードシステムのコア産業の1つであり、率先して生産性革命に向けた具体的努力が求められていると考える。植物油協会としても、各国の関係諸機関との連携を じて、内外の植物油に関する情報収集と提供体制を強化するとともに、業界全体の生産性向上方策の模索を行うこととしている。また、安全・安心に加えて、サステナビリティ、環境問題といった視点で業界全体のリスク管理体制の強化に目配りするとともに、日本栄養士会等々との連携関係を一層強化し、消費者やユーザーの皆さまに植物油の価値に関して、これまで以上の深いご理解を得ることを じて、業界全体の付加価値向上に寄与するよう、さらなる努力をしていかなければならないと考えている」とした上で、「社会、お客様の課題解決に努めることで、お客様の事業への貢献、また、日本の日々の食事の美味しさ、健康な生活に貢献することで植物油脂産業がますます発展する産業となるよう尽力していく所存だ」と決意を披露した。
 懇親会はこの後、農水省の新井ゆたか食料産業局審議官が祝辞。乾杯では、久野貴久新副会長が「植物油業界にとって、まさに健康、機能といった点で新しい価値が生まれているところだ。これからますます協会各社が切磋琢磨して新しい価値を生み出していきたいと思う」と高らかに杯を上げ、和やかな懇親の場へ移った。
 中締めでは、新妻一彦副会長が挨拶。全国油脂販売業者連合会の油締めで懇親会を締めくくった。
 



  日清オイリオグループ㈱