不二製油グループ本社
   中東・アフリカ、インドでの事業
 拡大を目的にドバイ事務所開設
   
 不二製油グループ本社㈱(大阪市北区・清水洋史社長)は昨年12月28日、アラブ首長国連邦・ドバイに事務所を開設したと発表した。
 同社グループは、「『おいしさと健康』で顧客と社会に貢献する」グローバル企業を目指し、日本、東南アジア、中国、米州、欧州において油脂、製菓・製パン素材、大豆事業を展開している。中期経営計画「Towards a Further Leap 2020」では、さらなるグローバルでの事業拡大、ビジネス展開の加速を図るため、新規のエリアにおいて事業開発を行うことをミッションに掲げている。
 同社では「今回開設したドバイ事務所では、当社グループにとって新規のエリアとなる中東・アフリカ地域、また、インドでのさらなる事業拡大を目的に、当社の事業である油脂・チョコレート・大豆関連事業の需要を含めた情報収集、市場調査を機動的に行う。当地における市場調査活動を し、海外での事業拡大を模索していく」とドバイ事務所開設の目的を説明している。
ドバイ事務所の概要は次のとおり。

名称
Fuji Oil Holdings Inc. IMEA Representative Office (Branch)・不二製油グループ本社ドバイ事務所
設立年月日
2017 年11月1日
所 長
森永啓(新規エリア開発部門インド・中東・アフリカエリア開発室長を兼務)
所在地
5WB-141 Dubai Airport Freezone, Dubai, U.A.E.P.O.Box No. 371571
連絡先電話番号
  +971-4-260-2066
FAX番号
  +971-4-260-2065
業務の内容
  インド、中東、アフリカにおける情報収集と市場調査
 



 関連六団体共催