雪印メグミルク(株) 2011-08-19

雪印メグミルクが価格改定へ
家庭用バター、チーズ値上げ


 
    雪印メグミルク(株)(東京都新宿区、中野吉晴社長)は10月1日出荷分から、家庭用バター類、チーズ類の価格改定を実施する。対象商品は家庭用バター類三品目、家庭用チーズ類六品目の計九品目。バター類1・3%、チーズ類5・2%値上げする(同社希望小売価格ベースでの加重平均改定率)。
 改定理由について、同社では「今年度の国内生乳需給は、昨夏の記録的猛暑の影響による乳量、乳脂肪の低下などに加え、東日本大震災による都府県の生乳不足が重なり、ひっ迫の度合いが強まっている。こうした状況の中、6月に北海道の生乳生産者団体と乳業各社との交渉により、酪農の生産基盤の安定化と国産乳製品市場の安定的な発展を目的として、平成23年4月にさかのぼり、生乳価格の改定が決定した。弊社としても生乳価格の改定によるコスト増を自助努力により吸収すべく努めてきたが、一部商品について価格改定を実施することとした」と説明している。
 価格改定対象商品は次のとおり
 (価格は税抜き希望小売価格、カッコ内は旧価格)
 〈バター類〉
 ▽雪印北海道バター(200g)=370円365円)、値上げ率1・4%
 ▽同10gに切れてる(100g)=228円(225円)、1・3%
 ▽同食塩不使用(200g)=410円(405円)、1・2%。

 〈チーズ類〉
 ▽雪印北海道100さけるチーズ・プレーン(60g)=200円(190円)、
  5・3%
 ▽同・スモーク味(60g)=200円(190円)、5・3%
 ▽同・とうがらし味(60g)=200円(190円)、5・3%
 ▽同・プレーン一本入りCVS用(30g)=105円(100円)、5・0%
 ▽同・スモーク味一本入りCVS用(30g)=105円(100円)、5・0%
 ▽同・とうがらし味一本入りCVS用(30g)=105円(100円)、5・0%。