日清オイリオグループ 2011-6-7
 


「エステローラFスプレー」を出展
国際食品工業展で大きな注目集める




注目集めた日清オイリオグループのブース 
 
新発売の「エステローラFスプレー」
     
     
   日清オイリオグループは7〜10日、東京・有明の東京ビッグサイトで開催中の「FOOMA JAPAN2011国際食品工業展」に出展。植物由来の食品機械用潤滑油「エステローラFスプレー」を前 にアピールし、来場ユーザーらの大きな注目を集めた。
  同品は、食品にかかわるさまざまな機械に使用可能な植物生まれの潤滑油で、「安全」「高性能」「使いやすさ」の三つが特長。安全については、植物由来の食用油脂と食品添加物で作られているので、食品が触れる箇所にも使用できる。NSF(1944年に設立された公衆衛生機器に関して試験認定を行う国際的な公益団体National Sanitation Foundation)のH1グレード(食品と偶発的に接触する可能性のある箇所で使用が認められている潤滑油)、また、3H(食用離型油)グレードの認定を受けている。機能 では酸化安定性が高いため、劣化しにくく、長時間安定した状態で使用できる。使いやすさについては無色無臭、透明な油で、粘度が低いため、油特有のベタつきがない。また、引火点が高く、消防法の危険物にも該当しない。
 ブースでは、こうした商品特長を前 にアピール。とくに酸化安定性については、他社3Hグレードの潤滑油と比較して、10倍以上の酸化安定性を示すことを、実際の実験結 をもとに説明。長時間安定した使用が可能で、劣化臭が出にくく、べたべた固まったりしないという特長が高い評価を受けていた。
 用途は食品、飲料の製造・加工・搬送・充填機械。食品包装資材の製造・加工機械など。スプレータイプなので、ロングノズルで狙ったところに直接噴霧。大型噴射ボタンで手袋をしていても押しやすい。荷姿は400g×6本。